ケーブルテスター製品情報

HOME > 会社案内 > 吉城電子工業の取り組み

吉城電子工業の取り組み

吉城電子工業株式会社では、下記の会社方針のもと、ISOの取得や、電子・電気機器における特定有害物質(鉛、水銀 、カドミウム、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル (PBB)、ポリ臭化ジフェニルエーテル)の使用制限についての欧州連合(EU)による指令であるRoHS(ローズ)基準を実践し、地球環境の改善および地域の環境改善に配慮した活動を推進しています。

会社方針

品質方針

「最高の品質を造りこみ、顧客の満足と信頼を得る」

吉城電子工業株式会社 環境方針

基本理念

吉城電子工業株式会社は、地球に存在する生物にとって、地球環境の改善が最重要事項であることを認識し、会社の責務として積極的に、地球環境の改善および地域の環境改善および生物多様性の保全に配慮した活動を推進します。

基本方針

吉城電子工業株式会社は、「環境負荷の低減」をスローガンにケーブルハーネス製品、プリント板ユニット製品、試験機製品を含むコンピュータ関連周辺機器の製品の設計、生産、販売を中心とした活動において、環境負荷をできる限り少なくする活動を継続的に推進します。また、当社の責務として以下の原則を実行します。

  1. 環境影響評価を的確に実施し、技術的・経済的に可能な範囲で、目的・目標を設定し、維持し、見直しを行い、環境マネジメントシステムの継続的な改善を図ります。
  2. 法規制等を順守し、活動を推進します。
  3. 活動において、以下の事項の環境負荷低減に取組み、汚染の予防を推進します。
    A.省エネルギーの推進
    B.廃棄物の低減、および再資源化率の向上
    C.緊急時の汚染の未然防止
    D.グリーン調達の推進
    E.生物多様性の保全
    F.CO2排出の削減
    G.化学規制物質に関する法規制等の順守
  4. 環境教育や社内広報活動を実施して、全従業員に対して環境方針の理解と環境情報の周知を行い、環境改善および生物多様性の保全に対する知識と認識の向上を図ります。また、供給者に対しても理解と協力を要請します。

〜この環境方針は一般に公開します〜 代表取締役社長 伊藤 哲雄

  

ISO

2017年9月現在の吉城電子工業株式会社 ISO取得状況です。

ISO9001

登録機関:日本環境認証機構 登録番号ISO9001:QC15J0018

ISO9001マネジメントシステム登録証ISO9001マネジメントシステム登録証付属書

ISO14001

登録機関:日本環境認証機構 登録番号ISO14001:EC15J0017

ISO14001マネジメントシステム登録証ISO14001マネジメントシステム登録証付属書


ページの先頭へ